2014年09月12日

三重県 和(NAGOMI)アート1DAYのお知らせ

三重県のインストラクター、吉岡幸子さん主催で、三重県四日市市で
細谷代表をお招きしての1DAYスクーリングが開催されます。

対象は、「パステル和(NAGOMI)アート」
    (正)インストラクター又は準インストラクター

日時:2014年11月30日(日)100:00〜17:00

会場:四日市市市交流会館 本町プラザ6F第4会議室
   (JR四日市駅から徒歩5分・近鉄四日市駅から徒歩15分)

定員:30名

講師:日本パステルホープアート協会代表
   細谷典克氏

参加費:10,800円

日本パステルホープアート協会のHPに申し込みのリンクがあります。
http://www.pastel-nagomi-art.com/

準インストラクターの上位認定もかねています。
東京まで、上位認定のための 「1DAYスクーリング」を受講しにいかなくてもお近くで、細谷氏と直接お目にかかれる機会です。

資格のない方、いまからでも間に合います。
どこか、お近くの(正)インストラクターさんを訪ねて、準インストラクターの資格を取得してみませんか?

ぜひこの機会に、細谷氏のお話を聴きながら、ご一緒に描きましょう!!

PS
吉岡さんのブログURLが分からなくなっていたのですけれど。
見つけました

よっすぃーのニコニコブログ




posted by こころ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

2015年市民大学市民企画講座 桑名市

2015年市民大学市民企画講座 桑名市

平成27年度くわな市民大学「市民企画講座」募集

明日が締め切りです。
受付初日4月6日に提出してきました。

今回は、パステルアートではありません。

【ごきげんに暮らすためのコミュニケーション講座】
全5回連続講座です。

日々沢山のストレスの中で暮らす私たちが、少しでもごきげんに、心地よく暮らしていくためのコミュニケーションの工夫を、体を使って学んでいただきます。
信頼関係とはどのようなものか、どうしたら作っていただけるのか、大切なことはなになのか?
私たちは、いかに人の話を聴いていないか、人に何かを伝えるのがいかに難しいか、普段のコミュニケーションが、いかにいい加減なものか、伝わっている感じや、わかってもらえる感がどれほど大切か、様々な楽しいワークを通して体感していただきます。
目指すところは、ストレスもあるけれど、人も自分もきげんよく心地良くいられるようになること。
計5回集中的に楽しみながら、講義とワークで体験・体感して、きげんよく心地よくいられるような
コミュニケーションをめざしましょう。♪

というよいな講座です。WS中心・楽しいゲームで楽しく♪

講師は
臨床心理士 西野敏夫先生
講師プロフィール:臨床心理士。中京大学文学部心理学科(現心理学部)卒業
長きにわたり、医療法人病院にて、入院・外来の本人および家族のカウンセリングに従事。
2007年に同病院を退職。同年カウンセリングルーム『ひいりんぐ工房”とぽす”』を開設。
講演・援助者への研修活動を数多くされています。
・こころの健康づくりサポーター養成講座:江南保健所
・精神保健福祉ボランティア養成講座:尾張旭市社会福祉協議会主催。

16日締め切り後、一次採用かどうかの連絡が来ます。
一次採用の場合は、4月24日がプレゼンの予定となってます。

どうか、一次とおり、プレゼンが認められ採用されますように!!
4月24日予定のプレゼンの場で採用か・不採用か決定します。

楽しきWS。ゲーム感覚でまなべます。
採用されましたら、ぜひ、ご参加ください。

申し込み方法が、往復はがきのみなのですが、久しぶりに往復はがき購入してみませんか♪

簡単な内容をJPGでアップします。

150415市民企画講座.jpg


書けば、実現する(笑)


posted by こころ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

市民大学市民企画講座。第二次審査会のご案内が届きました。

「ごきげんに暮らすためのコミュニケーション講座」

2年前パステルで企画した時と、だいぶ状況が変わってます。
書類審査は通っているのですが。。。
二次審査の審査会の要領が違うのです。(2年前は気がつかなかっただけ?)

公開審査の流れは同じです。審査委員の役職の人もおなじメンバーと人数です。

発表5分質問応答5分以内も同じです。

問題は、審査の内容です。

・発表の完成度(講座の目的)

・市民のニーズに応えているかなどの時代の適応性

・斬新な独創性について(講座内容の充実度)

・総務部が認定する講座としての公共性(経費の効率性等)

で採点を行います

審査の合計点が70点以上になった企画を市民企画講座」として認めるそうです。

2年前はこんな厳密な審査方法は明記されてませんでした。

最大8団体なのですけれど、点数満たなければ、8講座ないこともありえるということ!!

今回は9講座。書類を提出した団体数も多いです。1つは必ず落ちる?!

・斬新な独創性について(講座内容の充実度)

・総務部が認定する講座としての公共性(経費の効率性等)

この2点のハードルが。。。

15審査会注意事項syuku.jpg




posted by こころ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

2015市民大学市民企画講座、2次審査通過しました♪

市民大学市民企画講座
『ご機嫌に暮らすためのコミュニケーション講座』
開催決定です。

プレゼンが終わり、2次審査通過いたしました。
正式には、郵便で後から通知が、沢山の書類と一緒に来ます。

今年で『市民大学市民企画講座』9年目だそうです。
皆さん毎年か、間をおいて何度も開催されているので、プレゼンもなれたもの。
内容も、時間もスッキリまとまってます。
いままでの実績、今年の工夫。質問も個人的に、ここちょっと確認してしりたいみたいなことが多く。
プレゼンしなくても、決まっているような感じです。
でも、採点票は毎回集めてました。

プレゼン、しどろもどろ、時間も途中になってしまいました。
自分でもなにを喋ったのか覚えてないくらい。5分は短い。
いくつか受けた質問の中で、完全にしまったがありました。

折角先生にプロフィールをいただいたのに、今日9枚コピーしてもって行き、受付で渡すのを忘れました。
質問に、臨床心理士のようですが、どのような先生ですか?どこの先生ですか?ets質問があり、最後の質問だったため時間がなく、登録番号だけしかお伝えできなかった(涙)

そんな状態でしたが、なんとか採用していただけました。

審査発表の前の挨拶で、自分のもっているものを提供したい、自分が学びたい・・・・とあり。
自分が学びたいから企画したのは、私だけでした。
おそらく、それが珍しかったのかもしれません。8つの講座の中にいれていたできました。

私が参加したい講座なのです。
これから、集客です!!
人が集まらないと中止です。
15名集まらないと、認定が取り消しになります。

認定取り消しもですが、大赤字になります。

どうか皆さん、市民優先ですけれど、他市他県でも人数によっては参加可能です。
ぜひ、市外県外の方もふるって応募ください。
きまりで、往復はがきでの応募です。



15市民大学市民企画講座チラシ1.pdf


下記上記添付の添付から抜粋転記

講師;臨床心理士 西野敏夫先生

日時:2015年7月11日(土曜)13:30〜15:30 
     コミュニケーション 何故うまくいかない
   2015年7月18日(土曜)13:30〜15:30
     伝えるというおとは
   2015年7月25日(土曜)13:30〜15:30
     非言語ノンバールンコミュニケーションワーク1
   2015年8月 1日(土曜)13:30〜15:30
     非言語ノンバールンコミュニケーションワーク2
   2015年8月 8日(土曜) 9:30〜11:30
     まとめ

場所:桑名市中央公民館:学習室

受講料:4000円(800円×5回)
    初回日一括全額お支払ください。
    ※できるだけ、お釣りがないよう、ご準備お願いいたします。

募集人数及び対象者:35名。16歳以上
     ※定員超えた場、抽選となる場合もあります。
      定員を大幅に割り込みましたら、中止になる場合もあります。

募集受付期間:6月1日〜6月25日23日消印

申し込み方法;往復ハガキに下記をご記入のうえ、郵送をお願いいたします。
       往診の裏に
       受講者のご氏名(ふりがな)・ご住所(郵便番号含む)・電話番号
       返信用表に
       お申込者の郵便番号・ご住所・お名前をご記入ください。

日々沢山のストレスの中で暮らす私たちが、少しでもごきげんに、心地よく暮らしていくためのコミュニケーションの工夫を、体を使って学んでいただきます。

信頼関係とはどのようなものか、どうしたら作っていただけるのか、大切なことはなんなのか?

私たちは、いかに人の話を聴いていないか、人に何を伝えるのかがいかに難しいか、普段のコミュニケーションが、いかにいい加減なものか、伝わっている感じや、わかってもらえる感がどれほど大切か、様々な楽しいワークを通して体感していただきます。

目指すところは、沢山のストレスもあるけれど、きげんよく心地良くいられるようになること。

計5回集中的に楽しみながら、講義とワークで体験・体感して、きげんよく心地よくいられるようなコミュニケーションをめざしましょう。♪




posted by こころ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

くわな市民大学「ごきげんに暮らすコミュケーション講座」応募受付開始。

くわな市民大学
「ごきげんに暮らすコミュケーション講座」
昨日より受けうけ始まりました。23日の消印までです。


ごきげんに暮らすためのコミュニケーション講座
'‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴
 ★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜
日々沢山のストレスの中で暮らす私たちが、少しでもごきげんに、心地よく暮らしていくためのコミュニケーションの工夫を、体を使って学んでいただきます。
信頼関係とはどのようなものか、どうしたら作っていただけるのか、大切なことはなになのか?
私たちは、いかに人の話を聴いていないか、人に何かを伝えるのがいかに難しいか、普段のコミュニケーションが、いかにいい加減なものか、伝わっている感じや、わかってもらえる感がどれほど大切か、様々な楽しいワークを通して体感していただきます。
目指すところは、ストレスもあるけれど、人も自分もきげんよく心地良くいられるようになること。
計5回集中的に楽しみながら、講義とワークで体験・体感して、きげんよく心地よくいられるようなコミュニケーションをめざしましょう。♪

'‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴
 ★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜
講師:臨床心理士 西野敏夫先生
講師プロフィール:臨床心理士。中京大学文学部心理学科(現心理学部)卒業
長きにわたり、医療法人病院にて、入院・外来の本人および家族のカウンセリングに従事。
2007年に同病院を退職。同年カウンセリングルーム『ひいりんぐ工房”とぽす”』を開設。
講演・援助者への研修活動を数多くされています。
・こころの健康づくりサポーター養成講座:江南保健所
・精神保健福祉ボランティア養成講座:尾張旭市社会福祉協議会主催。など
'‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴
 ★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜。★・。・。☆・゜
日時・講座内容
第1回7/11(土)
コミュニケーション、何故うまくいかないの?

第2回7/18(土)
伝えるということは

第3回7/25(土)
声、表情、振る舞いなど(特に第一印象を左右することが多い)言葉によらない 非言語(ノンバーバル)コミュニケーションワーク1

第4回8/1(土)
非言語(ノンバーバル)コミュニケーションワーク2

第5回 8/8(土)
まとめ

※第1回〜第4回13:30〜15:30 第5回9:30〜11:30
場所:桑名市中央公民館:学習室
受講料:4000円 初回参加日に全額お支払ください。
     ※できるだけ、お釣りがないよう、ご準備をお願いいたします。
募集人数及び対象者:35名。16歳以上 桑名市民優先ですが市外・県外からの応募可
     ※定員を超えた場合、抽選となることもあります。
       定員を大幅に割り込みましたら、中止になる場合もあります。
申し込み期間:6月1日〜6月23日消印有効
応募方法:往復はがき(1枚で2名まで可)で申し込み。
     往診の裏面に@受講希望者氏名(ふりがな)A住所B年齢C電話番号を
     返信の表面に@ご自分の「郵便番号・住所・氏名]をご記入ください。
郵送先:〒511-8799 三重県桑名市中央町3-46 桑名市郵便局留
          くわな市民大学市民企画講座「コミュケーション講座」
          代表 正木 千英子 宛 までお送りください。

送り先を記入するときは、ぜひ、案内でお願いしていますように、私の、名前宛とご記入ください。
私の名前がないと、私が申し込みはがきを受けとりが出来ないことがあります。
よろしくお願いいたします。
くわな市在住・在職優先ですが、人数に余裕がある場合、市外・県外でも参加可能となります。

内容は、1回で4000円はしてもいい内容を4000円で5回連続でお届けします。

ぜひ、この機会にご参加ください。

支援をしてくださっています、教育委員会・中央公民会のご好意もあり、成り立っている、受講料です。逃す手はありませんよ♪

そう、私が、おねうちに受講したいのです♪

PS:私も受講料4000円支払います。主催兼受講者です!!

繰り返しになりますが、この機会にぜひぜひ、ご応募お待ちしてます。

くわな市民大学 ごきげんに暮らすためのコミュニケーション講座.jpg


PS:6月11日現在
まだまだ、申し込み枠あります。
市外、県外の方の受講も可能性がとても高い状況です。
ゲーム感覚で体感できます。
わかっていただけた感が、どんなに素晴らしいことか、お伝えしたいようにお伝えするにはどうすればよいのか、相手の方がなにを、お伝えしようとしているのか、相手の方の気持ちをどんなふうに感じ取っているのか。コミニュケーションの行き違いがなぜ起きるのか、とうとう、盛りだくさんです。
具体的なワークは、その日のメンバーさんや、場の雰囲気で先生がライブ感覚で進めてくださいます。
どんなワークになるか、ぜひ、楽しみにしてください♪

PS:6月16日
申し込みの最終日は、23日の消印となります。後1週間ありあます!!
どなたさまも、ふるって23日の集荷に間に合うようポストへの投函をお願いいたします♪
お待ちしています♪




posted by こころ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセストレード