2017年09月04日

ごきげんに暮らすための心理学パート5〜根に持つということ〜無事終了

ごきげんに暮らすための心理学パート5

〜根に持つということ〜
(饅頭怖い・坊主憎けりゃ袈裟まで・江戸の仇を長崎で
・三つ子の魂百まで)


今回、ご参加くださった方々、ありがとうございました。
私を含め11名です。
西野先生のお時間のご都合、16:00まで大丈夫とのことで、はじめに、皆さんのお時間の都合をお伺いして、16:00まで延長しての講座になりました。

西野先生は、1回で終わりと思って、ご無理を引き受けてくださったと思うのです。
無理をお願いし続け、気が付けば5回目です。

お引き受けくださっている、西野先生に、こころより感謝申し上げます。

饅頭怖い・坊主憎けりゃ袈裟まで・江戸の仇を長崎で・三つ子の魂百まで

それぞれの意味と、状態
どうして、そうなるのか、
その状態になると、どんな不都合があらわれるのか、
なったらどうすれば良いのか


たとえを沢山あげて、わかりやすくお話いただきました。

どうすればよいのか。なかなか速攻の解決方法はありませんけれど。

こころや、人間関係などの難しいとこからはいるより、

体のメンテナンスをする
環境をととのえる


体のメンテナンスはどうやってするのか
環境を整えるて、どこからするのか。

難しく考えたりしたりするのでなく、簡単なことを少しずつ♪
(ごきぶり体操とか(笑)ご飯たべてみるとか)
いろいろ、簡単な方法を教えていただきました。


パート5とか、5日目めとか書いていますけれど、連続講座ではありません。
1回のみご参加でも大丈夫です。

ん〜・・パートとか第とかつけると、連続と思われるかしら???

次回は来年の3月4日(日曜)
受付は13:0から 講座開始13:30終了15:30
場所は、NTNシティホール(市民会館3階第一会議室です。

詳しいことは、来年1月中から下旬のお知らせします。

お待ちしています。

PS 2017.09.08

饅頭怖い・坊主憎けりゃ袈裟まで・江戸の仇を長崎で・三つ子の魂百まで

講座を時間がたって振り返り、突然思いました。
それそれのことわざの意味、状態・広がり・飛び火、時間がたつほど、広く・遠く・深くなるという、人の頭・心の仕組み。
オープンダイアローグが、なぜ実績をあげているのかが、わかると思いました。
問題発生後、短時間で、連絡を受けた人が責任者として、専門家のチームをくみ、本人・家族・友人・ご近所の方を集めて、対話。
広がないうちに、飛び火しないうちに、深くならないうちに対応することが大切なのだと。
本人だけでなく、家族・友人、今は見も知らぬ人たちにとって。
心・体・頭の病気以外でも。日常生活のちょっとしたことでも。






posted by こころ at 11:21| Comment(0) | ・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセストレード