2011年10月05日

描いたパステルアートはフレームに入れましょう

描いたパステルアートはフレームに入れましょう

描いた絵(パステルアート)は大切に、扱ってあげましょう。

大切に扱う、それは、描いた絵をフレームに入れて飾ることです。

不思議なものです。
フレームに入れて飾って置くと、自分の描いた絵(パステルアート)がよくみえてくるのです。素敵に見えてくるのです。

きっと、絵(パステルアート)が喜んでくれているのだと思います。
私が、描かなければ、フレームの中には存在しないのですから。

上手・下手は確かにありますが、本当に、描きたい気持ちにが一番、出来上がったものに、上手・下手はないと思います。

人の絵(パステルアート)を見て羨ましいな〜と思うことは多々ありますが。
自分に描けるもの、描けないものがあります。それが、私の絵(パステルアート)です。



posted by こころ at 23:01| Comment(0) | ・おもうこと・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

川を渡る 川・砂浜・海・空、ひろがる世界

川を渡る 川・砂浜・海・空、ひろがる世界

写真をもとに、パステルアートを描く

kawawo wataru syukusyou.jpg「北近畿タンゴ鉄道 宮津線」

奈貝海岸沿いを走ると、岩肌の白・松の緑・海の青というコントラストが美しく、由良川鉄橋を渡るときは、左右の窓に一面に由良川の川面が広がるそうです。川面の先には砂浜と海が広がっているそうです。

こんな景色、実際に見たいものです。
このような景色があるのを知ったのは、ハイソフトに入っていた、「絶景めぐり、歴史めぐり」というカードです。

お菓子を買うことは、ほとんどありません。
それなのに、入っていたカードが、この景色だったなんて、とても運が良いです。

型紙は使っていません。ただただ指と綿棒で色を塗って、鉄橋は、パステルの一辺全体を紙に当てて、一気に線を引きました。列車は、面の面積の少ない一辺で引き、周りを、パステルの角で輪郭線を引いています。
鉄橋の影は、指でパステルの粉を塗っています。

40分程度で描けました。


ラベル:風景
posted by こころ at 11:28| Comment(0) | ・パステルアート ギャラリー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

パステルとは(画材について)

【パステルとは】

パステルは、粉末顔料(色の粉)と、それを繋ぐ粘着剤とでできています。


『ソフトパステル(一般にパステルと言うとこれを指さします。)』

顔料を薄い成型材(アラビアゴム、トラガカントゴム、デキストリンなどの溶液)で固めたもので、紙に固着するのではなく、紙の表面の凸凹に物理的にひっかけて描くように使います。
ソフトパステルは、粘着剤よりも顔料の比率がはるかに大きく、柔らかく、ざらざらしています。

顔料が多くふくまれていますので、発色がとても良いです。色数も多くメーカーによって、200数十色〜500色以上あります。
やわらかい調子のボカシや、重ね塗りに適しています。
顔料の鮮やかな色を使って表現できることと、光沢のない落ち着いた色が出せるのが特徴です
フイキサチフ(昔昔、フェキサチーフと私は言っていました。記憶違い?)と言われる粉を固めて紙に接着してしまう液(定着液)を吹き付けます。


『ハードパステル(チョーク類を含みます。)』

ソフトパステルの材料で成型材の濃度を濃くして、粘土を加えてかたくしたパステルです。
ハードパステルは、顔料に対して、粘着剤の比率が多いので、硬いパステルです。

ソフトパステルのように、色数は多くありません。
性能はソフトパステルと同じですが、性質が硬いのでソフトパステルのような重ね塗りが難しいため、フラットな仕上がりの作品に適しています。
線的な表現(角を使って細い線を描く)や、ソフトパステルの調子を強めたりするのに向いています。

PASTEL和(NAGOMI)ARTのパステルアートで使用している、NOUVEL CARRE PASTEL(ヌーベル カレー パステル)はハードパステルです。

ヌーベルカレーパステルはコンテの持ち味にパステルの良さを加えたハードタイプのパステルです。
粒子が細かく、色の伸び・定着性が良く、崩れによる粉っぽさがありませんが、フイキサチフと言われる粉を固めて紙に接着してしまう液(定着液)を吹き付けます。

※コンテとは?
昔から製造されていたフランス コンテ社のチョーク製品に似ているので、ハードパステルをコンテパステルと呼ぶ人もいます。

なんと言っても、画材の中では安いのが、ありがたいです。油絵を描くと際限なくお金がかかります。化学物質アレルギーがある人は、溶剤に反応してしまいます。同じパステルでも、ソフトパステルや、オイルパステルより、安価です。

PASTEL和(NAGOMI)ARTのパステルアートでは、どちらかというと、脇役的なハードパステルをメインに使用しています。色数がすくなくても、削って粉にすれば、混色して色数を増やす事もできます。

逆に色数が少ないこと、安いこと、パステルの技術の中でも、簡単な手法がメインになっていることで、短時間で描ける事が、絵が苦手だと思っている人でも、絵(パステルアート)が、以外に面白い、描けてしまったという歓びをに出会えるのだと思います。

だからと言って、ソフトパステルを使ってはいけないわけでも、色数を増やしていけないわけせもありません。テクニックだって、なんでもOKだと思います。


・オイルパステル(一般にクレヨンの柔らかいものとして使われます

オイルパステルは顔料をワックスと油でねり、柔らかな描き味をだすようにした棒状にしたものです。油絵具用の溶剤テレビン油やペトロールで溶かして色面をつくることもできます。
油が多いとオイルパステルとなり、油が少なく硬いワックスを使うとクレオンとなります。
ソフトパステルやハードパステルのように粉っぽくなく、粘りがありますので、紙によく付着します。完成後はソフトパステルと同様に上から定着液を吹き付けると安全です。


ラベル:画材
posted by こころ at 22:21| Comment(0) | ・色/画材/描き方のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

輝き 始まりへの感謝 1月 (パステルアート作品、円・丸でカレンダーを創る 1月)

輝き 始まりへの感謝 1月 (パステルアート作品、円・丸でカレンダーを創る 1月)


円を中心のモチーフとして、カレンダーをパステルアートで創ります。

一年の始まりは1月。
カレンダーは絵(パステルアート)は、初日の出です。

hazimarieno kannsya kagayake  syukusyou.jpg


2012.01.1 syukusyou.jpg


円(丸)1つは、日の出の太陽です。
1年の始まり。

良き1年の始まりです。
輝きの多き1年になりますように。

ひたすら、薄い黄色から赤へグラデーションになるように、パステルの色を削り、少しずつ中心から離れた位置へ、指にパステルの粉をつけ、右手、左手両方を使い、グルグルと円を描きながら外へ外へと、右回り、左周りに、ひたすら、グルグルと。

グラデーションが出来たら、中心を、テンプレートの丸を使い消しゴムで消して、白を塗り、今度は、綿棒を使い、グルグルと白の中心から離れたところで色をグラデーションをつけながら塗りました。

型紙(ステンシル・マスキング)で楔型の直線をつくり、輝き・光を表す線を消しゴムで消して描きました。

どうしても、形のあるものを描きたくなります。

予定に無かった、山の型紙をつくり、型紙の淵を使い消しゴムで消し、その上を黄色のパステルの角で描きこみをしています。山の凹凸は、ペン上の消しゴムで消し、少し山裾に緑をぬりました。



2011年10月13日

ころん ころん 2月 (パステルアート作品、円・丸でカレンダーを創る 2月)

ころん ころん 2月 (パステルアート作品、円・丸でカレンダーを創る 2月)


円を中心のモチーフとして、カレンダーをパステルアートで作ります。

2月は、カレンダーの絵(パステルアート)は、「雪だるま」です。
円(丸)2つで「雪だるま」です。


2koronn koronn karennda- syukusyou.jpg

2012.02.02 syukusyou.jpg

2koronn koronn syukusyou2.jpg

四角の画面を斜めにして、角を頂点(上)にして、構図を決めました。
「雪だるま」が、大きく描けます。


天と地を分けるラインと、雪ダルマとお月様の型紙を作りました。
雪だるまには、白を塗り、薄いグレーをカッターで少し落とし、コピー用紙を丸め、それでクルクルと擦りました。首・肩足元は、指で少し擦りつけました。少し立体的になります。
手は、テンプレートで抜き、後から白を塗っています。
お月様も、型紙を使い消しゴムで消した。黄色を塗っています。

降ってくる雪と、お星様は、テンプレートを使い、消しゴムで消しました。
目・鼻・口は直接かいています。

ボタンは、シールを貼りました。

雪ダルマさんは、雪が降ってとても嬉しそうです!!

※パソコンが苦手で、画像処理が、思った向きでは思ったように出来ませんでした。
周りにグレーが残ってしまいました。
カレンダーの下に、向きは違いますが、バックにグレーが入っていないものも掲載しておきます。


ラベル:カレンダー
アクセストレード